設計をしていると自然と生まれ育ったバックボーンが顔を出す。

18まで育ったこの街には富士山と煙突とプラントが日常にあった。

道に迷った時は富士山の位置を確認し、天気を知りたければ富士山の雲を眺め、煙突の煙で風を感じた。

煙突の煙越しの富士山、この相反する環境が

自分の作るものに少なからず影響を与えている。

「風」「光」「​緑」、「インダストリアル」「グレー」

奇をてらわず、目の前の暮らしを楽しむ。

これからも​そんな家づくりを目指したい。

​©️itoma design. all rights reserved